ベトナムで水泳を教えたい


ベトナムでスイミングスクール設立を目指します。
by HEO
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ビンタン区のアパートの近所のプールの続編の続編


おはようございます。

先週金曜日の夜はプールでドルフィンキックの練習をしました。
1時間近くビート板でキックを続けると最後に力が抜けて
(本当は無くなって)やっと膝が曲がらずに足の甲で蹴れる
ようになりました。力が抜けない時は無くなるまでやれば
良いんですね。結局2時間近く練習して翌日は寝転がって
本しか読めませんでしたが。。。

前回の続きです。

ベトナム滞在時は週末にベトナム人の友達の家に招かれて
飲み会をすることが多々あるのですがその都度奥さんや
子供たちに水泳のことを聞くと今でもやっぱりみんな
泳げないとのこと。学校には今もプールがないそうです。

もし教えてくれるところがあれば習いたい?と聞くと
友達自身も奥さんも子供たちも習いたいと言います。
特に奥さんは子供だけでも泳げるようになって欲しいと
言います。これはホーチミンに住んでいた時も2年前から
その隣のドンナイ省のホーナイ市に移ってからも変わりません。

このホーナイ市は大きな工業団地があるだけの田舎ですが
それでも暑い国だけあって3か所市民プールがあります。
1か所訪問してみましたが設備も水もあまりに汚いので
泳がずに帰ってきました。そのプールにいた子供たちも
水の中でバチャバチャ遊んでますが誰も泳いでませんでした。

友達に聞いても子供を連れてプールに行くことはあるが
バチャバチャ遊ぶだけで帰るそうです。
それはそれで楽しいですがやっぱり少しでも泳いでみたい
とのこと。

まだ幼稚園児ぐらいだった時に父親や姉がスイスイ泳いでいるの
を見て早く浮き輪を取って泳げるようになりたいな~と
思っていたようにベトナム人のみんなも同じ気持ちなんですね。

お節介かもしれませんが何とかみんなに泳げるようになって
もらいたいものです。

取り留めない話になってしまいましたがそういう感じです。

チャンチャン!
[PR]

# by saigon312 | 2016-03-22 11:51 | ベトナム | Comments(0)

ビンタン区のアパートの近所のプール続編


おはようございます。

火曜日、水曜日とプールが休館だったので昨日は
絶対ドルフィンキックの練習に行こうと思ってましたが
朝いつもなら1時間かけて走るところを調子が良くて
50分で爆走してしまい夜にプールに行く体力がなくなって
晩飯食べて速攻寝てしまいました。
今朝は自重して1時間かけて走りました。
夜はドルフィンキック頑張ります。

前回の続編です。

私はいつも日曜日の午前中か夕方にプールに行きました。
日中は日差しが強すぎるからです。

ベトナム人も考えるのは同じようで日中はほとんど
誰も泳いでいません。それで50mプールはと言いますと
結構立派で8コースあって3コースはコースロープが
張ってあるのですがそこで泳いでいる人を見るのは
ほんとに稀でした。たまに白人のお兄さんか非常に
綺麗なクロールで泳ぐベトナム人の真っ黒なおじさん
くらいでした。ですから私はいつも1コース貸切で
悠々と泳ぐことができました。

ですがプールには小学生高学年から高校生ぐらいの
子たちがいっぱいいるのです。残り5コースの解放されて
いるところに。ただしみんなプールの壁にこうもりのように
へばり付いていました。

この50mプールは真ん中に行くほど深くなっていて
私の足が底に着かなったので2mぐらいあったと
思います。

何でみんな壁にへばり付いているのか見ていたら
みんな壁から離れて5mほど泳ぐとまた壁に戻って
来ます。そこが彼らの足が底につく限界だったのでしょう。
おかしなことしているなと思いよく見ていたら
気がつきました。誰もまともに泳げないことに。
バタ足さえしていません。みんな犬かきでした。
高校生ぐらいの大きな子たちさえ。

初めて見たときは結構ショックでした。日本では見たことの
ない風景でした。日本では市民プールでも子供たちは
めちゃくちゃな形でもクロールや平泳ぎで10m、20mは
泳いでます。スイミングを習っているような子はスイスイ
泳いでいきます。
ですがベトナムでは高校生が犬かきでした。

そのことをベトナム人の友人達(大人)に聞くとその彼らも
全く泳げないとのこと。どうしてかと聞くと教えてもらった
ことがないそうで学校にプールはなく成人する前に親からも
学校の先生からも泳ぎ方を教えてもらう機会がなかった
とのこと。

その時気づきました。親も先生も友達も泳げないんだと
いうこと。

また長くなってしまいました。すみません。

もう少しこの件で書きたいことがあるので

また続くになります。
[PR]

# by saigon312 | 2016-03-18 11:31 | ベトナム | Comments(0)

ビンタン区のアパートの近所のプール



今から10年以上前の話ですが、ベトナム出張が年間300日近く
なったのでホーチミン市1区の日本人街に3階建ての1軒家を
借りました。1年ほど住みましたが1人で住むにはあまりに寂しくて
そこから歩いて10分程のベトナム人のちょっとお金持ちが住んでいる
ビンタン区の15階建のローカルアパートに引っ越しました。

その近所に50mと10m(子供用)のプールがありました。
入場料は当時の日本円で30円くらいでした。
区営なのか市営なのか隣の海軍の運営なのか今もわかりませんが
一応チケット売り場があってチケットを買って中に入ります。

入るといきなり50mプールがありプールサイドを通って奥の脱衣所に
行きます。脱衣所の入口のおばさんを素通りして奥にずんずん進むと
一応以前は一つ一つ仕切られて扉があったと思われる場所に行き当たり
ます。私が初めて行ったときはもう一つ一つの仕切りはあるが扉も
カーテンもなくシャワーノズルがあるだけでした。
その隣にあったトイレも個室に扉はなく外から丸見えでした。

まあ人に見られて着替えるのはたいしたことはないのですがここで
靴を脱いで裸足になります。土足で歩いてきた濡れて泥も混じった
ようなヌルヌルした廊下を入口まで裸足で戻らないといけません。
これは何度行っても気持ち悪くて慣れることができませんでした。

入口のおばさんに脱いだものを入れたカバンと靴を預けます。
引き換えに何もくれません。最初は不安でしたがおばさんは記憶力が
良いようでいつも間違いなく私のカバンと靴を返してくれました。

普通、靴は入口に下駄箱を設置して入れるようにするか先におばさんに
渡すかしてそこから先は靴を脱ぐようにすると思うのですが
おそらく下駄箱に入れると盗まれてしまうのでしょう。
また、おばさんも靴とカバンが別々に預けられると覚えてられない
のでしょう。利用者のことを考えないというベトナムスタイルです。

一応企業ですが営利を求めているのかどうかよくわからない
国営サービス業によくあるスタイルですね。

また片側3車線もあって中央分離帯もあってすばらしい道路を
作っても信号から信号まで何百メートルもあってその途中に
歩道橋も横断歩道も作らないのと同じ理屈かもしれません。
道路の向こう側に行くには命がけで渡るしかありません。

話が長くなってすみません。

50mプールに入って気が付いたことは次回にしたいと思います。
かなり珍百景かも。。。。
[PR]

# by saigon312 | 2016-03-17 15:47 | ベトナム | Comments(0)

25m


昨日スイミングの第2回目のレッスンがあって
初めてバタフライで25m泳ぎました。

でもまだ顔は上げ過ぎるしキックの脚は膝から折れるし
溺れているような感じのバタフライです。

レッスン1時間、自主トレ1時間も泳いでしまい、
今朝のランニングは出だしの20分くらい全く足が上がりませんでした。

水泳の指導者になるまで体力が続くのだろうか??

バタフライのキックは本当に難しい。
[PR]

# by saigon312 | 2016-03-15 17:09 | ベトナム | Comments(0)

ベトナムのプール


日本の某大手スイミングスクールが約2年前にハノイに

スイミングスクールをオープンしました。新しくできた

イオンモールの中です。

ジムもジャグジーもあってほとんど日本と同じ作りです。



ただスクール料金が週1回で大体月1,500,000ドンします。

日本円で約7,500円。ホーチミン及びその周辺の都市の

工場労働者の1か月の給料の約半分です。



これでは一般庶民は通えません。ベトナム共産党の幹部か

外資系企業の管理職の子弟ぐらいしか無理でしょう。



おそらくイオンモールの場所代とプール建設費の元を取る

にはこのような価格になると思います。

人件費は安いのでコーチとかスタッフは工場労働者と

同じくらいの給料だと思います。



まだ調べられていませんが屋内で温水プールを建設すると

なるとおそらく同じくらいのスクール料金になると思います。

ホーチミンの土地代は大阪市の土地代と変わりません。



屋根のあるところできれいな水で教えたいけれど企業として

運営してゆくには利益も出さないといけません。



プール自体はホーチミンで60か所ぐらい、その周辺都市でも

ポツポツあります。ただ屋外で水質はおそらく最低です。

私が通っていたプールは白く濁っていて下の白線が

見えない日が多々ありました。また空き缶、ゴミ、葉っぱが

浮いていたり沈んでいたり。

脱衣所は裸足になるのが嫌になるほど汚かったです。


それでもスクール料金を安くするにはこれを利用するしかない

と思われます。



プールが公共施設なのか個人の所有なのか調査中ですが

いずれにしても日本式の管理・運営ができればかなり設備も

きれいに使用できるようになると思います。

ただ屋根がないところがほとんどでスクールの生徒は

1時間ぐらいで終了ですがコーチは半日もプールにいると

日射病で倒れます。

屋根だけでも何とかしたいものです。



プールは既存のものを利用してコーチを派遣するか

管理・運営を任せてもらえるかしないと一般庶民が通える

料金にはならないでしょう。



また人口9,000万人のうち35歳以下が半数を占めています。

これからどんどん経済成長に伴って子供が増えてくると思います。

ベトナムの小学校は生徒が多すぎて2部制で午前と午後に

生徒を分けています。

スイミングスクールも午前と午後実施すれば生徒数が

日本の2倍見込むことができると思います。

量を増やしてスクール料金を下げる。

何とかやりようを探していきたいと思います。



現在、ベトナムの小、中学校にはプールがありません。

だから大人も子供もほとんどの人が平泳ぎさえできません。

今から15年前の情報ですがその当時7,800万人の人口で

毎年11,000人が溺死していました。

現在人口9,000万になって何も状況が変わっていないので

さらに溺死している人が増えていると思います。

その内約30%が中学生以下の子供たちです。



早くこの状況を変えてベトナムのみんなといっしょに

プールで楽しく泳ぎたいものです。



もし読者の方でスイミングスクール経営の経験が

ありましたら色々ご教示ください。

よろしくお願い致します。
[PR]

# by saigon312 | 2016-03-14 15:40 | ベトナム | Comments(0)